一般的な診療所での感染対策/ぎふチャン「ぎふサテ」にて令和2年11月24日放送

最新情報

お知らせ

第26回口腔保健シンポジウムを開催

 日本歯科医師会が、7月4日にコロナ禍で話す機会の減少などで、衰えたお口の健康を保つことの重要性や予防法などを医科・歯科の専門家に加えてディスカッションを行います。有森裕子さん(元マラソンランナー)をゲストに迎え、参加は無料なので県民の皆さまぜひ、ご参加ください。

 

テーマ:コロナ時代、健康管理の鍵は、オーラルフレイルの予防

日 時:2021年7月4日(日)13:30~15:40

配 信:オンライン配信 (参加無料)

申込締切:6月30日(水)定員3000人

参加申込:参加はこちらをクリック もしくは、ポスター内のQRコードより

抽選でオーラルケア商品のプレゼント歯科相談もあります。

 

     詳細は、日本歯科医師会HPより。

 

 

日歯8020TV
口の中が汚いとウイルスに感染しやすくなる

 口の中に歯こうがたまり汚い状態であると、ウイルスに感染しやすくなります。歯こうの中に潜む歯周病菌がウイルスの酵素を活発化させるので、ウイルスに感染しやすくなります。介護施設で、歯科衛生士がお口の中の管理をしているとインフルエンザの発症率が大幅に減少したというデータがあります。うがいや手洗いももちろん重要ですが、普段からよく歯みがきをしたり、歯科医院を受診して歯の健康管理に務めましょう。(日歯8020TVより)
 
動画:4:36秒 
 (インフルエンザ予防と歯周病菌/日歯8020TVより)

  http://www.jda.or.jp/tv/96.html
はやぶさネット